カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

建物のチェック

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

上棟後、外壁の構造用合板「ハイベストウッド」が張り終わり、耐震金物の取り付けも終わり
屋根の瓦が葺き終わった状態です
この状態で内部に入り、骨組み(主に柱)がきちんと垂直を保っているかどうか
レーザーレベルを使い、1階と2階それぞれチェックします

↑ 赤く見えるのが、レーザーから発射された水平を示すライン

赤く見える水平線を元に、スケールを床に当てて、メモリを読みます
この誤差を元に建物の狂いを判断します
また垂直方向にもレーザーの赤い線が発射されるので、柱の角に赤い線を合せて柱が傾いていないかチェックします

柱はレーザーの垂直線が全て柱の角にピタッリと重なり以上無しです

 

8月の勉強会「ハツイエ🏠セミナー」は こちら

8月の勉強会「パッシブ冷暖🄬」は こちら

8月のリフォーム相談会は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「標準仕様 5つの基本プラン_cosy-standard(コージースタンダード) 」は こちら

「 緑 と ”ソト” を 楽 し む 家 」は こちら

「カナデホームの Instagram 」は こちら

同じキーワード(長期優良住宅,住まいの知識,施工)の記事