カナデホーム

電話をかける

国産材

店舗の改装 塗り壁 半田仕上げ_仕上げ

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

清水町の店舗で行っている内装壁の改修工事
左官の「半田仕上げ塗り」も最終段階となりました

半田仕上げのおさらい

半田仕上げとは!?
半田(ハンダ)とは、もともと 《 土佐漆喰 》 を施工する際に中塗りの行程として塗られていた材料
(漆喰と土の割合が五分五分程度のモノ)の事 です。
土壁のような 優しい表情 と 土壁よりも 表面強度がある という事を併せ持っているのが特徴です

完全無垢100%の天然素材
(建築建材環境指数F☆☆☆☆とは別物ランクの高品位です)
漆喰としての成分は、消石灰+スサ+海藻のり
左官屋さんの伊藤さんは、海藻のりを朝4時から下小屋で煮込んで、
当日の材料として現場に搬入してくれました

漆喰と土で練り上がった「半田仕上げ」の材料

 

塗り込む前にもう一度現場でしっかり練り混ぜます

 

先週塗った中塗りの状態↓

 

塗り始めました

・・・・が、いまいち粘りがありません
すぐ乾いてしまうので、パターンが付けれません
下地が乾燥しすぎていて、すぐに水分を吸ってしまうのが原因です
(住宅の場合は、じっくり乾燥させ、湿り気のある状態で仕上げを行いますが、
店舗の場合は、週1回のお休みで、すぐにお客様がこられます
乾燥状態にして工事半ばの営業をしなければいけません)

 

粘り気を出すために、袋入りの本漆喰を調合して、粘り気をだします

袋を開けると、中から海藻の乾燥した臭いが、鼻にツンとつきます

 

再調合↓

 

投入↓

かくはん

粘り気が出てきました

 

これでいざ出陣

仕上げ塗りを始めます

 

続きは次回で!!

 

 

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「標準仕様 5つの基本プラン_cosy-standard(コジースタンダード) 」は こちら

「 緑 と ”ソト” を 楽 し む 家 」は こちら

「カナデホームの Instagram 」は こちら

同じキーワード(国産材,自然素材,リフォーム,健_食‗住)の記事