カナデホーム

電話をかける

国産材

築80年の家の解体 沼津市

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
実践している家づくりは
「次の世代まで 快適に過ごせる家」

 

昨年暮れにお引き渡しをしたマンションリフォームのお客様が住まわれていた家の
解体工事を始めました
(借地です_土地借地、建物自己所有)

まず最初に室内の壁の撤去を人力で始めます

 

土壁です
久しぶりに見ました
3~4cmくらいの間隔で縦横に竹を組み、一定の間隔で縄で竹を組みます

土壁が少し厚いので、通常より撤去に時間がかかっています

土の層が2層に分かれています
左側の層は荒塗りです 木舞竹の間に土を練りこむので凹凸が激しくごつごつしています

 

断熱材は入っていません
内部の土壁の外側は、すぐに1枚板の外壁材です

 

水回りの浴室はユニットバスに交換されたいましたが
裏側の床の間から解体すると、シロアリに食べられた跡がありました

 

今日はここまで

 

 

 

こちらもどうぞ☟

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「cosy-standard(コジー_スタンダード)の5つの基本プランと間取りプラン集 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

同じキーワード(国産材,自然素材,耐久性)の記事