カナデホーム

電話をかける

s様邸 大規模リノベーション工事

s様邸リノベ 0410 解体工事その7

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
実践している家づくりは
「次の世代まで 快適に過ごせる家」

基礎工事は完了しましたが、解体工事はまだ残っています。今回は大規模リノベーション。家をそっくりリノベーションします。室内は間取りの変更もあるので、スケルトン状態にしましたが、外壁はほとんど残したまま、基礎の補強工事を行いました。

 外壁を全て解体すると、基礎の補強工事期間中に降雨があると、残した木材が濡れてしまいます。100%までとはいきませんが、極力構造の要である木材をぬらすことのないように現場を進めます。

 基礎工事が終わった段階で、外壁の全てを解体撤去します。今回漆喰仕上げの軒天井は残します。また屋根瓦も2期工事で、今回は点検のみです。当時としてはめずらしく、外壁漆喰下地の木材_アラシ貫に防腐剤が塗ってありました。

 外壁撤去が完了しました。↓

 下屋の部分は一部改修もあります。軒先の屋根の一部を撤去解体しました。

 築60年にしては、丁寧な仕事をしてあります。杉の野地板にアスファルトの防水紙+木肌葺き(単板)。瓦は高価な塩焼き瓦です。沿岸から1km未満の地域での配慮でしょう。瓦屋さんに診てもらいましたが、まだまだ十分行ける! とのことです。↓

解体期間中大工さんは既に室内で、補強工事を進めています。

こちらもどうぞ☟

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「cosy-standard(コジー_スタンダード)の5つの基本プランと間取りプラン集 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

住宅医とは こちら

同じキーワード(s様邸 大規模リノベーション工事)の記事