カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

外装下地検査

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは、全棟を長期優良住宅で創りあげています

  
 先日、沼津市で工事をしているI様邸で、住宅瑕疵担保責任保険の保険法人
JIOさんによる検査を行いました
 検査項目は、外壁部分からの雨漏りの防止のチェックです
 JIOさんでは「外装下地検査」と言う名称で行っています
 
しかもこの検査はオプションです
オプションですから強制されていません
 しかも保険法人が5法人あるなかで、この検査があるのはJIOさんだけです
オプションだから検査しなくてもいいと言うことになりますが
そこが建設会社の意識の無さではないでしょうか!!!
 実際検査の項目が明記されたハンドブックを先日JIOさんより頂きましたが
何点か改善されていました
 全国でこの検査が行われているのですから、雨漏りの事例も多く発生し
改善点が報告されているはずです
 オプションだからといって、関係ないというスタンスでは
大事な問題点が未発見のまま放置されてしまいます
 実際この日も、改善された点を、ハンドブックで検査官の方から
教えて頂きました
 ありがたいことです


 私は常日頃想っていることがあります
 ①これからのお家づくりは、デザインや外観も大事なニーズのひとつですが
お家づくりのベースとなる基本構造、特に耐震制を
経営者自らが勉強してしっかりと学習し
「災害に強く、燃費のいい」お家づくりが大切ではないかと想います
カナデホームのお家は「耐震等級3」が全棟標準です
耐震等級とは  こちら
耐震等級3で完成したお家の、「動的耐震診断」の結果もあります
動的耐震診断の結果  こちら
 ②「燃費のいい」とは!!!
燃費のいいとは、光熱費のかからないお家づくりです
断熱材1つをとっても世の中にはたくさんあります
数ある断熱材の中からカナデホームでは
「セルロースファイバー」断熱材を標準としています
 セルロースファイバーの中に入り込んだ白蟻は24時間で死ぬと言う
実験結果も私が採用した大きな理由の1つです
「セルロースファイバー」のご紹介は こちら
 ③通風計画も「燃費のいい」お家づくりにとって大事な要素の1つです
 夏涼しく冬暖かいお家づくり・・・・
でもエアコンなどの設備に頼りきった生活では、これからの電力不足と
原発廃止問題は解決しません
 夏場、窓を開けて涼しい風を室内に取り入れ、設備の可動を極力避ける
燃費のいい・・とは省エネの事です
 自然の風邪を取り入れた快適な住まいづくり
 ④そして空気のおいしいお家づくり
北海道産のホタテから出来た「ホタテペイント」
ホタテペイントにはカルシウムの成分がぎっしり詰まっています
 先月清水町のO様邸で開催させて頂いた完成見学会の現場も
「ホタテペイント」で内部を仕上ました
 来場されたお客様からこんな感想が・・・・
「空気がおしいい」
「いやな湿気を感じない」
「室内がカラットしている」
珪藻土よりリーズナブルな価格でご提供ができます
ホタテペイントは  こちら

同じキーワード(長期優良住宅,メンテナンス,施工,耐久性)の記事