カナデホーム

電話をかける

アフターメンテナンス

夏の小屋裏の温度は!?

こんにちは カナデホーム_㈱浅田建設の浅田佳宏です

 

リフォームで日ごろお世話になっている三島市のY様より

屋根の修繕工事のご紹介を頂きました

10数年で欠損が激しいので、経験から高温多湿を疑い

天井裏へ入りました

合板などの腐食は見られませんが、木材の米松材の表面にヤニが大量発生

原因は!?!?

サーモカメラで点検撮影

屋根合板の真裏↓

↑〇印の箇所の温度は_59.5度あります

 

天井裏の撮影↓

↑46.7度

 

 

カナデホーム_㈱浅田建設では、以前屋根裏の換気がされておらず

合板を腐食させてしまい、雨漏りが発生した物件の、修繕工事の事例が有ります

三島市のO様邸の事例↓ 築29年 合板は原型を留めていません

当社が修繕する以前に、他社で数回修繕をしましたが、解決しませんでした

小屋裏の高温多湿を改善する棟換気を付けました↓

長泉町のM様邸の事例↓ 築35年 O様邸と同じ症状です

当社が修繕する以前に、他社で2回修繕をしましたが、解決しませんでした

日本は世界でもまれにみる高温多湿のお国柄

温度と湿度の関係で、密閉された天井裏空間がどのような

悪影響を及ぼすのか!?!?・・・・

「理科的な根拠」を導き出せる建設会社はほとんどありません

設計に携わる者でも同じです

 

それは業者のこんなトークです

「既存の屋根は解体せずにそのまま残し、この上から新しい屋根材を

かぶせれば、この先長く持ちますよ」

解体して古く破損した屋根材を残して工事をすれば、

面倒な作業はしなくて済むのです

建築の工事は面倒くさいことほど、技術力が必要なんです

誰でもできる、見積フォーマットに数字だけ打ち込んで出来上がった見積書

 

正しい事を、確かな技術と理科的根拠を用いて、解りやすく説明して

納得して頂けることが、カナデホーム_㈱浅田建設が長年取り組んできた

大きな指針です

 

建築技術の奥深さをもっと多くの方に知って頂きたいです

まだまだ残暑は厳しいですね
高温多湿の日本の夏を乗り切る、カナデホーム_㈱浅田建設の
高度な省エネ技術を読んでください!! ↓↓

 

「夏の暑さ対策と冬の寒さ対策 パッシブデザインの肝 家は断熱性能で創り上げる」  こちら 

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「カナデホームの Instagram 」は こちら

同じキーワード(アフターメンテナンス,雨漏り,未分類,住まいの知識,メンテナンス,リフォーム,耐久性,結露)の記事