カナデホーム

電話をかける

アフターメンテナンス

雨漏りの調査 伊豆の国市 M様邸

こんにちは カナデホーム_㈱浅田建設の浅田佳宏です

10年位前に知人を介して紹介いただいたM様より
雨漏り修繕の依頼を頂きました
10年前は、2階屋根のケラバ(屋根の隅)の雨漏りを修繕しました

 

今回は1階のリビングの天井です

屋根工事職方の高木さんと、屋根瓦を疑い部分的にめくってみました

 

水返しの板金も丁寧に施されており、特に問題なし

雨漏りがあると、湿り気も存在しますが、程よく乾燥しており、別の箇所を疑います。

雨漏りしたのは、1階のリビングの天井
その真上のバルコニーを探ります

実は、
私に依頼がある前に、M様自ら独自に調査をして、屋根瓦であると特定をしていました
が・・・・・
私は瓦は違うと考えていました
依頼があったのは、7月の中旬です
諸事情により少し調査を延期していました
私は当初よりバルコニーに目をつけていました
それは、かなりの事例があるからです

最初にアルミサッシが取り付く、バルコニー防水層に散水

所定時間散水_特に異常なし

 

続いてアルミサッシの隅角部_障子本体とサッシ枠の取合う部分に散水

こちらも異常なし

 

水勾配が悪く、かなりの水が溜まってしまいます

改善点が多くあります

 

次にアルミサッシ右側の水切りが取り付く部分に散水

 

すると・・・・・・

 

ほぼ特定ができました

続きはブログでご報告します

 

エアコンの室外機を一時撤去して、丁寧な仕事をしたい旨をM様に伝え

次の雨漏り調査依頼の現場に向かいました

 

まだまだ残暑ですね

もうじき和らぐようですが・・・

夏を快適に過ごす工夫を知ってください↓

「パッシブデザイン 真夏の蒸し暑い室温対策はどうやって出来上がるの?!」  こちら 

 

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「カナデホームの Instagram 」は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

同じキーワード(アフターメンテナンス,雨漏り,住まいの知識)の記事