カナデホーム

電話をかける
  • TOP
  • コンセプト

家づくり理念

お客様との仕事をするうえで大切にしていることが3つあります

1つ目は、強い構造の家を創ること。

大きな地震が来るたびに、建築基準法は塗り替えられ、次第に厳しくなっていきます。
今は、建築基準法では、構造計算は義務ではありません。
しかし、全棟構造計算をかけ、全棟、長期優良住宅で創り上げています。

2つ目は、自立循環できる家を目指すこと。

私は、原子力発電に反対です。
今の日本の現状では、なくすことは出来ないでしょう。
それでも、自分がかかわる仕事が、後に残っていく家というものを創っている以上、
自然の力を生かした家づくりをしていきたいと想っています。
そのためには、我慢ではなく、心地よく過ごしながら
最小のエネルギーで過ごす家でなくてはいけないと想います。
そのために「Forward to 1985」という活動をしています。
日本中の家庭の使用電力が、1985年の使用量になれば、核燃料はいらなくなります。
未来の子供達に、豊かな環境を受け継いでほしいから

3つ目です。

超長寿時代を迎え、そこで過ごす住まい人が、
健康で快適に過ごせる家づくりを目指しています。
そのために、医学界と建築界の研究機関が一緒になって
「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」というチームを創りました。
家族が健康であるため、要介護を防ぐための住宅プロジェクトです。
私も一緒に学び、住宅医という資格を取りました。