カナデホーム

電話をかける
PICUP KEY WORD

住まい人さんは「Long Life」を考えよう

Long Life_省エネ09 省エネと災害をセットで考える

2011年3月 東日本大震災
2016年4月 熊本地震

熊本地震は4月で寒さの影響は少しは良かったのではないかと想います(山間部ですから夜の冷え込みはあったと想います)
一方東日本大震災は3月 東北の3月は私がいる中部圏とは全く違うと想います
やはり寒さは堪えたのではないかと感じました
人によって気温や家の中の室温の感じ方は様々です
冬場15度でも、ヒートテックならぬ下着とフリースで快適に過ごす方もいれば、18度でも足元が寒いと感じる人・・・・
人それぞれ、様々です
どちらの震災もエネルギーや食糧難で低体温症で亡くなった方がいます
インフルエンザも怖いですね
冬は無暖房で15度を下回らない、夏は冷房がなくても何とかしのげる
冬においては、カナデホームでも実績を創りました
長泉町U様邸です
下のグラフが、U様邸で1年間データを取らせていただいた時の集計結果をグラフにしたものです
外気と室内を連動で計測しました(湿度も同時に計測済み)
外気温が氷点下になったときの記録です ↓ 無暖房でも15℃以上あります

課題は夏場です
冷房無しで何とかしのぐには、通風しかありません
外気温が30℃あれば、室温もそのまま30℃_いや建物の断熱基準が低ければ、夏場の灼熱の熱を建物が蓄え、もっと上がってしまいます

カナデホームでもデータは持っています
2014年Y様邸での夏場の計測です
この年Y様邸は冷房をほとんどかけませんでした(冷房運転は1週間にも満たなかっ事をヒヤリングで聞いています)
もともと扇風機派のご家族です

↓7/1~7/31の計測 7月25日に最高室温32.97℃_暑い2階の子供室のクローゼットの棚の上での計測です(無冷房)

↓8/1~8/31の計測 8月21日に最高室温32.24℃_暑い2階の子供室のクローゼットの棚の上での計測です(無冷房)

皆さんはこの結果を見て「なんだ32℃以上もあるんじゃ・・・!?」と想うかもしれません
しかしながら、無冷房で33℃以下という記録はそう簡単には出ません
何故か!?
この室温はもともとシュミレーションで予測していました
2020年に義務化される省エネ基準を概ね30%下回る省エネ性能が必要だからです
Q値と言う断熱性能が≒1.85位の断熱性能の時得られる夏場の室温です
↓室温のシュミレーション

予測と結果がほぼ一致しました

奥が深い省エネ

頑張る価値はあります!

同じカテゴリー(住まい人さんは「Long Life」を考えよう)の記事