カナデホーム

電話をかける

ownerS様

②何故に、リノベーションを決意したのか。

何故にリノベーションを決意したのか

 

 

何故に、リノベーションを決意したのか。

新築当時、この家には4人の住人がいました。
けれど、57年の歳月の間に一人減り、二人減り、今では住人は95歳の母だけとなってしまいました。
その母も、この家を離れるのは時間の問題です。
その時、この家をどうするか。
選択肢は多くありません。
何故なら、今テレビで森泉が手掛けている物件同様、
この土地は、間口が狭すぎて新築ができない土地なのです。
これでは売れない……。
私も自分のマンションとこの家と2軒の管理と固定資産税は大変。

で、マンションを売って、この家に住もうと、思い至ったわけです。
もともと愛着のある家だし、
まだしもマンションのほうが売れる可能性があるしね。
ほかにも、メリットを考えてみると、

① 母が不在になって、どこまで落ち込むか我ながら心配な自分を忙しい状況に追い込めば、
少しでも早く立ち直るきっかけになるだろう。
② スケジュールが決まってしまえば断捨離にも弾みがつくだろう。
③ 自分の好き勝手な家を造ってしまえばいいじゃないか。

というわけで、思い立ったが吉日。
浅田建設さんに、
その時が来たら、どんなに私が気が進まなかろうが腰が重かろうが
リノベーションに向けて叱咤激励してくれるように頼んでおいたのでした。

ずいぶん
うじうじ考えているのニャ
もっと気楽に生きようニャ