カナデホーム

電話をかける

ownerS様

⑦11月20日  衝撃の現実


 

 

 

 

⑦11月20日 衝撃の事実

いよいよ、間取りの提案です。
なんだか、もう最終プレゼンみたいな
立派なパンフレットが、静々とテーブルの上に載せられました。
そして見ようとすると、
「すみません!!
見積もってみたら凄く高額になってしまったので、『松竹梅』で
どの金額で工事をしていくか最初に考えてください。」とのことでした。
エエエ~~~

それって、どのくらい高額なの~?
っと、立派なパンフレットを恐る恐る開いてみたならば………
「松」って、まさしく驚愕の金額でありました。
「梅」が、かろうじて私が「マックスでもこれくらいかなあ。」と胸算用していた金額。
(何の根拠もないけれど。)
ど、どうして何故こんな金額なのかと訊いてみると
きちんと断熱をするためには、これだけ必要なんだとか。
まあ、58歳というご老体だからなあ。と思いつつ「竹」や「梅」の断熱はどうなるのか問うてみたならば
まあ、そこそこ。それなりに。とのこと。
一生で一番大金をはたくのに、そこそこなんてねえ。
中途半端なお金だと、効果も中途半端になっちゃうならやる意味ないじゃん…。
だけど、ここでそんなにお金を使ってしまったら今後生きていけないかも…。
と心は千々に乱れるばかり。
これは、リノベーションそのものを断念するか、「松」で頑張るかどちらかしかありません。どうしよう……。

しばし、いや、かなり、随分、混乱・逡巡・懊悩。
………………。

結果としては、「松」を選択。
以後、金策に駆けずり回ることとなりました。

そして、気を取り直して間取り図を見てみると、
私の希望を最大限取り入れてくださっておりました。
問題点は2つ。
1. ① 寝室が4畳半。現在のマンションの6畳より狭くなっている。←こんな狭いのいや。
2. ② 台所の動線が変。玄関から1歩で直接台所に入る。←これじゃ、玄関と言うよりお勝手口?いやだ。

そして図面を睨んでいると、大きな違和感。
趣味部屋が11、5畳。
LDKが10,5畳。
寝室が4,5畳。………バランスが悪い。
でも、まあそれは「わかちゃん」がそういう作りなんだからしかたないっか。
慣れ親しんだ「わかちゃん」なんだから、図面は変でも住み心地はいいはずだよね。

と、次回修正していただくことにして終了。
今回も2時間。
疲れました~。

 

フ~