カナデホーム

電話をかける

ownerS様

⑪12月8日 全て白紙に

 

 

 

⑪12月8日 全て白紙に

眠れぬ日々が続き、ようやくお二人と会う約束の日やってきました。
今回は、先ず私が口火を切りました。
最大の疑問、壁を壊すのか?
答えはYESでした。
高断熱をするということは、断熱材を入れるとかいうレベルではなく、
もっと大々的なものなのだそうです。
第2の疑問、わざわざ元の間取りにする必要はないのではないか?
この答えもYESでした。
社長さんは、「わかちゃん」が大好きな私のために
本来相容れない最新技術の高断熱と昭和の木の風情とを両立させるために
知恵を振り絞っていたのだそうです。

断熱 and 風情 ←想像(社長さんの頭の中)

そして、そのためには凄く手間がかかり工夫もしなければならず、とても難しいのだとか。
それを聞いた私の頭の中は

断熱 > 風情

なり、さらにお金も余計にかかるというのを聞いて、ついに

断熱 ~~~~~~風情 ←「わかちゃん」の昭和の風情は敗れ去りました。

そもそも、なるべく元の建具を残すとか間取りを変えないと希望したのも、
風情が好きということだけでなく、その方が安上がりだと思ったからなのです。
その一言を言っておけば社長さんに無駄な努力をさせることもなかったのに、
その方が安上がりだとすっかり思い込んでいたのがいけませんでした。
私と社長さんはそもそもの出発点から食い違っていました。😩

でも、なにはともあれ社長さんも奥さんも何も怒っておらず気を悪くもしておらず、
「もう一度、一から考え直しましょう。」とおっしゃってくださったので、とてもとても安堵いたしました。
いろいろ提案していただけて、聞いているうちに私もだんだん楽しくなってきました。

いいおうちができるかも❤️❤️❤️

 

よかったニャ

やっと眠れるニャ