カナデホーム

電話をかける

PEスタッフ様

㉒1月31日 遂に契約

午前11時、浅田さんご夫妻がやって来ました。
社長さんは、いつもより改まった服装で心なしか緊張している様子。
恭しく、差し出されたのは黄色の表紙でさらにファイルで裏打ちされた工事請負契約書。
今までは、同じ工事請負契約書でも、白い表紙でsampleの文字入りでした。
今回は本物なんですね。
お互いに署名捺印して、儀式終了。
と~っても、ほっとしました。
ここに至るまで、ほぼ3カ月。
私にとっては、長い長~い歳月でした。

これで落ち着いてくれれば、
癒し係としては
恐悦至極なのニャ

この3カ月で誰よりも会う回数の多かったのがこのお二人でした
もう心が萎えてうんざりして、やめちゃおうと思ったこともありましたが、
こんなに足を運んでいただいて、何回もパンフレットを作っていただいて、
これでやめたら「人でなし」だ。と思ってみたり…。
そこで奥さんに、
「契約までにこんなに何カ月もかかって、挙句の果てに契約不成立なんてことはあるんですか?」
と訊くと、「そういうこともありました。」とのお返事。
「そういう場合、日当とか何か発生するんですか?」
に対しては、「うちは、いただいておりません。」
ですって。

ええ~、それってただ働き、骨折り損のくたびれ儲け」じゃん。いいの~。

でも無事契約が済んでにこにこされているお二人を見ると、いいんだ~。とちょっと気が抜けました。

これで、私の頑張らなくちゃいけないことのうち1/3は終わり。
家のことはもう社長さんにお任せして、後は「断捨離」と金策を頑張るぞ~。

同じオーナー様(PEスタッフ様)の記事