カナデホーム

電話をかける

外気温0℃の時無暖房で15.1℃

外気温0℃の時無暖房で15.1℃_018_基礎工事

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら

 前回は、基礎コンクリートの対角の計測が終わりました

次は基礎工事の中の最後の工程です
基礎の天端は正確に言うと完全に平らではありません
通常天端のモルタルは、基礎打設時にレベラーと呼ばれる流動性のあるモルタルで
行うのが多いですが、カナデホームは昔ながらのやり方、パートナー企業の左官屋さんに
お願いしています



 
 次の工程木工事の建て方(上棟)の為の墨だしを行います
基礎の天端出され墨は、土台を敷く際の目安となります


  ↓建て方の事前作業 土台敷きの様子

 基礎の完成です

  

 今回の基礎工事のコンクリートの強度は27N/mm2
夏場の温度補正をしていますので、+6で、27+6=33N/mm2となります
強度の考え方は、1mmx1mmの面積で3.3kgの力に耐えられるいう事です
これを1mx1mに直すと、3300トン
安全率を見て、1/3が許容圧縮強度としますから、1mx1mで1100トンに
耐えうる強度が有ります
この証明をテストピースと呼ばれる供試体を圧縮破壊して確かめます
  ↓6月30日、現場で採取したテストピースの様子

6月30日から数えて28日(4週間)経った日の材齢で試験します
  ↓試験の様子



  私が入って監理記録写真となります 平均で44.3N/mm2出ています

つぎはいよいよ「木工事_建て方}です

日めくりカレンダー_1日
「まず精神を造り 次に形式を造る」
志を立て、肚を据え、品性を培ってこそ人・物・金は生きてくる。
この会社は何のために存在し、何を実現したいのか。
まず精神を定め、その具現化のための経営理念を確立したい。

同じキーワード(外気温0℃の時無暖房で15.1℃,木造_門型ラーメン工法)の記事