カナデホーム

電話をかける

住まいの知識

屋根瓦のメンテナンス

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 沼津市で屋根瓦のメンテナンスを行っています
30年前に流行ったセメント瓦です
現在は殆ど見なくなりました 耐久性は陶器瓦より短いのが特徴
高圧洗浄後

点検すると、端部_業界用語で「ケラバ」と言います
ケラバの瓦がぐらついていました
パートナー企業の高木さんに、修繕をお願いしました

木部が雨水にさらされて腐食しないように防水テープを巻きます

再取付

メンテナンスの一環として新しく塗装を施し寿命を保ちます
塗装無しで残置すると、瓦が雨によって水を含み、屋根の重量が増してしまいます
築年数の古い、耐震工事を施さない家屋では危険です
この時期は雨量も少なく、メンテナンスにはもってこいの季節です
5年おきくらいに点検をします



家はメンテナンスを施し 長く住まう事が大事です
そんな時は「既存住宅現況検査技術者」の浅田佳宏に
ご相談ください

同じキーワード(住まいの知識,メンテナンス,リフォーム)の記事