カナデホーム

電話をかける

住まいの健康

暮らしから考える 住まいの健康 170222

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 今回から「暮らしから考える 住まいの健康」と題した連載をします

(何回続くかな!?・・・・)
第1回目
日本サステナブル建築協会(JSBC)が1月30日に開催した
「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査」の中間報告で
住宅の断熱性能向上の便益は省エネだけではなく、健康にも寄与する」
事が長年の研究調査で分かったきたそうです
 私は3年前より、「一般社団法人 健康省エネを推進する国民会議」に所属しています
一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議 こちら
私が所属するこの団体も医学界と建築界の研究者が同じような調査を行っており
高断熱住宅とそうでない住宅の健康調査の豊富なデータが有ります
 まず病気改善のデータです
特に心疾患、アトピー性皮膚炎、関節炎、糖尿病などは、
1/3に改善されるという驚くべき調査結果です

 また起床時(朝起きた時)と入浴時でも心拍数の大きな変化が・・・

寒い家で暮らす人はどうしてもおっくうになってしまいます

この続きは次回で
では

 

同じキーワード(住まいの健康)の記事