カナデホーム

電話をかける

住まいの健康

暮らしから考える 住まいの健康 170315

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 前回は、部屋の温度と健康状態の関係を話しました
続きのお話しです
 ↓私が所属する機関では、様々な調査のデータを公表しています↓
一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議 こちら
家族の健康を住まいから始めよう! こちら 

 *外出頻度と長生きの関係 P67 No1
6年間の調査結果が明確な答えを導き出しました
外出する頻度が高い人ほど、長生きの傾向が見られる
 *散歩も立派な運動
散歩をしつつ、会話を楽しむことは好奇心が増し、大脳の活性化に繋がる
要介護になりにくく、認知症を予防できます
子供も精神的な成長に効果があるようです
歩くことを習慣づけましょう 
 *高齢者は入浴事故に特にご用心
かなり暖かくなったとはいえ、まだまだ朝晩や夜間は冷え込んでいます
暖かい部屋から寒い廊下を通ってトイレに行く・・・等々
こんな問題を
 「小さなエネルギーで、快適かつ冬暖かく、夏涼しく過ごせる家」で実現しませんか!?
カナデホームではこんな問題を解決する勉強会を開催しています
↓是非お越しください

「お問い合わせメール窓口」は こちら

 住まいと暮らしのデータが満載の冊子
「家族住まいる HandBook みんなでもっと健康に」をご希望の方は
カナデホームまで

お問い合わせフォームに
「家族住まいるの冊子希望」と入力してください
「お問い合わせメール窓口」は こちら

 

同じキーワード(住まいの健康)の記事