カナデホーム

電話をかける

リノベーション

住宅購入に係る税の軽減措置_中古住宅の場合

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

来年4月に、宅地建物取引業が変わります
重要事項説明に、ホームインスペクションの有無が含まれるようになります
施行前の現在でも、真摯な企業はお客様に事前説明をしています

ホームインスペクション
わかりやすく言うと、既存の住宅の良し悪しをチェックする制度です
中古住宅の場合は、この制度を利用して、瑕疵保険を付ける場合、税の優遇措置があります
かなり大きなメリットです

床下や天井裏の一部を目視で確認、基礎のクラックの調査
最も重視する点は床の傾き、これがクリアできれば瑕疵保険が付きます

瑕疵保険はお客様にあまり知られていなかったり、仲介業者が後ろ向きなことがあり
知らないケースがほとんどです
もったいないですね・・・・・!?
詳しく知りたい方は、設計工務店の「カナデホーム」にお問い合わせください
カナデホームは こちら
カナデホームのお問い合わせは こちら

さらにリフォームする際に国の補助金制度もあります
(平成29年12月31日までの工事、中古住宅の取得は40歳未満の買主の場合)
建物検査(インスペクション)を実地して既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や
耐震性が確保されたエコリフォーム、一定の性能を有する住宅への建て替えの取り組みに対して
国がその費用の一部を補助する制度

リクシルさんのホームページが分かりやすいです ↓
住宅ストック循環支援事業_リクシル  こちら

国土交通省のページ ↓
住宅ストック循環支援事業_国土交通省  こちら

同じキーワード(リノベーション,長期優良住宅,住まいの知識,耐震工事,メンテナンス,耐久性)の記事