カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

夏の暑さ対策を、小さなエネルギーで豊かに解決しよう

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

今年の夏は暑くなりそうです
週明けは35℃近くになりました
昨年夏から開催して好評な「パッシブ冷暖」の勉強会
昨年ご聴講されたS様のお話
「例年は夏のエアコンは28℃の設定でしたが、今年初めて26℃にしました」
↓昨年8月の「パッシブ冷暖」勉強会

高齢者の方ほど暑さに対する感覚が鈍くなり、夏場、我慢の省エネをしてしまいます
年配の方が設定温度を下げるという事は、よほど暑かったのでしょう

気温の上昇は100年単位で2℃だそうです
28℃と26℃の違いは大きく、猛暑日は確実に増えています
蒸暑地しか生息しないクマゼミが、仙台まで北上して鳴き始めました
このことは、仙台が蒸暑地になってしまったという事です

蒸暑地:簡単に言うと蒸し暑い地域を指します
気候特性は、亜熱帯海洋性気候です
特徴は
*高温多湿で年間の気温差は小さく、
冬期でも16℃前後の暖かさで
10℃を下回る日はほとんどない。
*夏期は30℃を大幅に超える日は少なく、
相対湿度は高いですが
風速が大きいために
涼しさを感じることもある。
*台風常襲地域でもあり、
年間を通じて風は強く、
また梅雨期以外にも雨は
比較的多く降る。
*低緯度のため太陽高度は高く、
紫外線が強く地上に届く。

間違いなく温暖化の影響が出ていると思います
温暖化は皆さんが気づかない処で、日々の生活に大きな影響を与えています
猛暑日が続けば、エアコンを我慢することは厳しいですよね・・・・

自然の力を上手に利用し、小さなエネルギーで暮らす家づくりは
今後の必須課題となるはずです
長引く原発処理の問題・・・ チェルノブイリ原発では1000億以上もの費用をかけて
石棺で施設を再び塞ぐ工事を施しました

今後電気料金は必ず、じわじわと上がっていくはずです
3.11後も家庭での電気の使用量は増え続けています
設備に頼らない(全く利用しないという事ではありません)家づくり・・・・
そう遠くはない現実の問題として身近に迫っています
新しい省エネのスタンダードをカナデホームは創り上げました

「標準仕様 5つの基本プラン_cosy-standard(コージースタンダード) 」は こちら

「 緑 と ”ソト” を 楽 し む 家 」は こちら

インスタグラムはこちら ↓
「カナデホームの Instagram 」は こちら

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

同じキーワード(パッシブデザイン,パッシブZEH(ゼッチ),パッシブ冷暖,ゼロエネ住宅=ZEH,長期優良住宅,省エネ )の記事