カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

給湯費の削減

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

いまこうしてパソコンの画面に向かっているわけですが
こうした電力も、原発停止による化石燃料の輸入石炭によって動いているわけですが
石炭の年4兆円の輸入超過の原因に対して、国民の関心が薄い事実に、少し警笛を
鳴らした方が良いと思っています

ところで
家庭で消費するエネルギーの30%は「給湯」です
ちなみに「冷房」は3%です
日本人のお風呂好きは世界でも有名です
この給湯の消費の問題点を少しでも省エネにする秘密は2つです

1)太陽熱温水器の利用
お水はただではありませんが、自然の力でお湯を沸かしてくれる装置は
実績としては30年くらい普通に動きます
配管部材やパッキンの劣化はありますが、優れもの
私は改めて30年以上前からある、この設備に今年は大注目をしています
何と言っても安価な価格が魅力と、給湯費の30%削減が可能です

先日のM様との打合せの際にも太陽熱温水器のご提案をしました
便利な設備機器がもてはやされている現代
本来の価値を見失ってしまっていることもあります
「不易流行」




↑サンジュニア

2)ハイブリット給湯器
≒5年以上前にリンナイさんから発売されてきましたが
改良に改良を重ねすごい性能アップです
いいものでも私は本当に良いか 1年間はデータをみて、じっくり考えます
今まで省エネの決定版はエコキュートでした
それはエアコンの原理と同じヒートポンプの技術が画期的に進化したからです
しかしながら、長引く原発問題、諸外国の思惑、永久にあるわけではない化石燃料
電気料金は今後、じわじわと上昇していくでしょう
(深夜電力もなくなるという噂です)

エコキュートの給湯一次エネルギー効率が143%くらいですが
リンナイさんのハイブリット給湯器(電気とガスのいいとこどり)は156%です
もし深夜電力による恩恵_日中の電気代の1/3でお湯を沸かすの仕組み_深夜電力が無くなって
しまったら・・・・・

今後はハイブリット給湯器を選択していくべきではないでしょうか
なぜ
私に聞いて下さい
カナデホームでは、エコキュート並みの価格でご提供が可能です

省エネに関心の高い方は是非ご検討を!!!
では

「標準仕様 5つの基本プラン_cosy-standard(コージースタンダード) 」は こちら

「 緑 と ”ソト” を 楽 し む 家 」は こちら

インスタグラムはこちら ↓
「カナデホームの Instagram 」は こちら

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

同じキーワード(パッシブデザイン,パッシブZEH(ゼッチ),パッシブ冷暖,ゼロエネ住宅=ZEH,省エネ ,ゼロエネ)の記事