カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

日照シュミレーションで解ること パッシブデザイン

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

カナデホームでは打合せの初期段階で
簡易なシュミレーションをしています

日照シュミレーション
自然の暖房装置、太陽の光を採り込んだ日射熱は、パッシブデザインの要です
冬場、窓から室内にどのように光が差し込むか、何時ころから入射してくるか
また夏の日差しを遮るためには、どうしたらよいのか 庇の長さや位置・・・等々・・・・

冬の日照シュミレーション ↓ *3層門型ラーメン工法


カナデホームの標準仕様
cosy-S「コージースタンダード」は、冬場太陽の光を取込むと、暖房装置なしでも
室温がみるみるうちに上がっていきます
(4年間お引き渡しをした家でのデータの取得から解った事を元に話しをしています)

 

夏はこれらの逆です
とにかく室内に太陽を極力入れない
Y様邸の冬場↓ しっかりと家のなかに太陽光が取り込まれています

夏の場合↓ 極力太陽光を入れない

 

簡易ですがこんなこともしています
視覚簡易シュミレーション

 

 

↓こちらもご覧になってください↓
「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「cosy-standard(コジー_スタンダード)の5つの基本プランと間取りプラン集 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

同じキーワード(パッシブデザイン,パッシブZEH(ゼッチ),パッシブ冷暖,ゼロエネ住宅=ZEH,Newラインナップ cosy-Sシリーズ「コジー_スタンダード」,緑と”ソト”を楽しむ家,住まいの知識,住まいの健康)の記事