カナデホーム

電話をかける

国産材

木の使い方

こんにちは カナデホーム の住空間プロデューサー浅田佳宏です。
 
今日は木の使い方について話してみたいと思います
最初に、木の部屋にするメリットにどんなものがあると思いますか?
・心が安らぐ
  木が持つ模様の代表的なものに、「柾目」と「板目」があります
  「柾目」は木目(もくめ)が縦に細長い感覚で平行線のようにそろっているもの
  「板目」は波型や山形になっているもの

 自然の模様は心を落ち着かせ、脳を活性化し、心地よい空間にします
木の香りは脳をリラックスさせる効果があります
・耳にやさしい
 音をやわらかくする効果があります
木造の保育園では、子供の騒ぐ声があまりきにならないという報告結果があります
・足にやさしい
 床に使うと衝撃を防ぎ、足が疲れません
木は断熱性があるため、足裏が暖かく体の冷えを防ぎ、疲れないのです
・目にやさしい
 有害な紫外線を吸収する効果があります、だから目が疲れません
・体にやさしい
 木は調湿性があるため、湿度をダニの繁殖やカビの発生を抑えるところまで 調整してくれます
 木は断熱性が高く、夏涼しく、冬暖かい部屋を作ります
 木の香りは、ダニの繁殖を抑え、空気を浄化する機能があります
 私が以前ご紹介した「入居宅訪問」のお宅では
木の持つ効果が十分に感じられました
 特に意外だったのは 「耳にやさしい」 という効果です
このことは、今後紹介する 「入居宅訪問 第2回目」 のお宅でも
まったく同じことが言えるんです
 室内は ’シーン ’として 本当にびっくりします
  国産材の木を使った、部屋内での仕様で私がお勧めするのは
壁は腰壁程度(高さ1000~1200くらいまで)に木の板を張り
その上は漆喰又は天然ホタテパウダーで仕上げる
あるいは、一面のみ木の板を張りアクセントをつける
 床は杉板の30mmのもの又はヒノキの15mmのものを張る
こんな感じです
 皆さんも木のよさをご自身で感じてください
びっくりすること目白押しです

同じキーワード(国産材)の記事