カナデホーム

電話をかける

施工

「うな繁様」 part3 3日目

こんにちは カナデホーム の住空間プロデューサー浅田佳宏です。
 3日目は、タイル貼り工事の2日目と、2階通路のジュウタン貼り工事です
タイル工事は、正規の規格品は600x600サイズです
この規格品の部分は、から練りモルタルで貼る部分以外は張りおえました
2日目は、規格品を現場のサイズに合わせて切断する箇所
わかりやすく言うと、隅の部分や斜めの部分などの加工が必要な箇所の工事です

         ↑ 隅の部分の作業のようす

        ↑ 切断加工が必要な部分の作業
 タイルの切断には、人工砥石を使って切断します
切断時にかなりのホコリが出ます
送風機で切断時のホコリを吸い取り、ホコリが出ないように十分に配慮します
 玄関入口部分は、自動ドアのレールの高さが固定されているため、糊で貼ることが出来せん
床のコンクリートをはつって、から練りモルタルでタイルを貼ります

        ↑ 入口の部分の作業のようす
        既設の入口との段差があるため、から練りモルタルでタイルを貼ります


        ↑ 玄関自動ドア部分の作業のようす
         最後の1枚となりました

 この日の午後8時にタイルが貼りおわりました
明日の朝まで、タイルがしっかりと固定されるのを待ちます
明日の朝から、タイルの目地工事を行います
 内装工事は、階段と2階通路のジュウタン貼りです
2階通路は以前は、「那智の黒石」と長尺塩ビシートで貼られていました
今回階段のカーペットが古くなったのを機会に、2階通路を全面カーペットで
貼ることになりました
 最初に既設の床面の掃除を行います
次にジュウタンを広げて仮敷き(かりじき)をします
仮敷きで上手く張り上げることの確認が出来た後裏返して
糊をつけます
そして最初の1枚目を貼って行きます

         ↑ 掃除のようす

        ↑ 仮敷きが終わり、これから裏側に糊をつけるところ
        ジュウタンは奥から階段までの長さ方向は、継ぎ目無しの1枚物で施工します


        ↑ 小口をハサミで切り落としています
        工場出荷時点では小口は、ホツレがあります


  ↑ 細かいところを現場の寸法に合せながら、切り込んで貼っていきます

        ↑ ジュウタンの継ぎ目を貼り合わせているところ
        ひざで継ぎ目を合せるための道具を押し、継ぎ目を密着させます        この道具を用いないと、継ぎ目はきれいに仕上がりません


         ↑ 貼り終わったジュウタン
 明日は最終日、タイルの目地工事と養生の撤去等の雑工事です
 うな繁さま店舗改装 のページをホームページに新設しました。
三島のお隣、湧水の町・清水町の天然うなぎの名店として有名なうな繁さん。
10月6日~9日の期間、当社が行わせていただいた店舗改装工事の模様を、
施工写真や、改装前・後の写真を使ったフラッシュムービーでご紹介します。

同じキーワード(施工,リフォーム)の記事