カナデホーム

電話をかける

国産材

人にずっとやさしい木の家(6)

こんにちは カナデホーム の住空間プロデューサー浅田佳宏です。
 「地球温暖化」
 地球温暖化の原因物質の主なものとして二酸化炭素(CO2)があります
この二酸化炭素の削減効果が最も期待できるのが森林です
地球温暖化は 「熱帯雨林の減少」 が大きく関係しているわけですが
では木の家づくりは環境にとってよくない行為なのでしょうか?
そうではありません
木の家づくりを通して、森林は単に伐採されるのではなく
後に新たな苗木が植樹され、自然のサイクルの則って森の若返りにつながっていきます
 若木は、古木に比べて光合成を盛んに行うため
大気中のCO2をより多く効率よく吸収し、酸素をより多く放出します
つまり森林の世代交代が進むことで、地球に優しい環境づくりに貢献しています
 2005年2月、地球温暖化の問題に世界規模で取り組む
「京都議定書」 が発効さました
地球にやさしいくらしがクローズアップされ、そのなかで
私たち住宅建築にたずさわる者から発信できるメッセージ
それが「木の家づくり」なのです

         ↑ 木の光合成のメカニズム

同じキーワード(国産材,自然素材)の記事