カナデホーム

電話をかける

s様邸 大規模リノベーション工事

s様邸リノベ 0220 解体工事着手の前にしておくこと_その2

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
実践している家づくりは
「次の世代まで 快適に過ごせる家」

 

昨日は既存建物の寸法等の計測をしました
本日は床の傾斜や高さ、柱の傾きなどを計測します
改修工事では、築年数の古い建物がどれだけ傾ているかを知ることは重要です
長年使い込んできた家の劣化の状態を把握し、耐震補強計画にも反映していくためです

 

床の水平の計測

 

 

図面に測定点を記録します

 

柱の傾きの計測

 

 

 

次に床下の状態を確認、記録します
廊下の床組の状態

 

布基礎の状態
意外と健全でした

 

既存木材の外囲水率の測定も行います
準に、根太_根太掛け_大引き_土台

 

 

 

 

床下空間の温度と湿度も計測

本日はここまでです

 

床の高さ関係と柱の傾きの記録です

 

床組の高さと、木材の含水率の計測データと計測位置の記録

 

こちらもどうぞ☟

「カナデホームの 家づくりコラム_住まい人の声 」は こちら

「 長期優良住宅化リフォーム推進事業で最大300万円の補助金を 」は こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

「cosy-standard(コジー_スタンダード)の5つの基本プランと間取りプラン集 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

住宅医とは こちら

同じキーワード(s様邸 大規模リノベーション工事)の記事