カナデホーム

電話をかける

耐震工事

 東南海地震を体験

こんにちは カナデホーム の住空間プロデューサー浅田佳宏です。
 先月、学生の時の友人奈良県在住のFの誘いで
東京太田区にある、築80年のお寺の免震工事の現場を見学してきました
 新潟のNにも声を掛けたのですが、あいにく時間が取れず
2人での視察となりました
 午後1時半からの開催でしたが、早くついたので少し街探検?をしました

         ↑ 駅の改札を出ると、昔懐かしいアーケードが
         ↑ 沼津でも見なくなった、食堂のディスプレー
           懐かしいなー

         ↑ 足を伸ばして、高台の上のお寺に行くと、節分の豆まきの舞台の
         支度をしていました
         自分が建築業界に入った頃は、丸太で組んだ足場が
         まだチラホラと街中で見受けられました  
         現在は足場の為の労働基準法も変わり、丸太足場はありません

 Fと昼食のおそばを食べて、会場に向かいました
少し開催まで時間があるので、スタッフの方からのお誘いも有り、地震体験車に
乗せてもらいました
 阪神淡路震災の地震のデータに基づく揺れのほか、今後予想される
東海地震及び東南海地震のゆれを体験させてもらいました
 
          ↑ 地震体験車
 ここで感想!
かなりリアルな体験が出来ました
立っていることは出来ません
体験車ですから、つかまっている事のできる手摺は当然あります
しかし、擬似体験とはいえ立っていることは出来ません
昨年発生した駿河湾沖地震のときのような揺れを思い出しました
このときは時間も短くてさほどの恐怖はありませんでしたが
あれが長く続いたことを考えると
身の縮まる重いです
耐震工事の重要性を肌で感じる事ができた
良い機会となりました

 
 時間になったので会場に移動

         ↑ 会場の様子
           建物を約1.2mの高さまでジャッキで持ち上げ、その下に
           免震装置を取り付けます

         ↑ 床下にもぐり、装置を見学しているところ
         ↑ 白く円形状に見えるのが、免震装置
           この円形状に見える特殊な樹脂が、床下に設置した鋼材と接触し
           地震の際に揺れを軽減し効果を発揮します
 
         ↑ 白い円形状の樹脂と接する鋼板
           ベニヤで養生してあるので、現物は写真撮影できませんでした  

 この免震装置の特徴は、かなりコストを抑えた工法での施行が可能です
静岡県では、新築の物件にも採用実績があります
 会社名は「スターツ」という東京の会社です
「スターツ」で検索して見てください
右側に「高床免震」と言うタグがあります
除いて見て下さい

 
 後でわかったことですが、学生の時の同期のMが働いている会社でした
では
 
           
 
  
         

同じキーワード(耐震工事)の記事