カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

始まりました  長期優良住宅

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは、全棟を長期優良住宅で創りあげています

 地盤改良工事を終え、始まった長期優良住宅
基礎工事をお願いしている谷山さんと
基礎工事のための寸法の目安となる、「遣り方(やりかた)」を設置しました

           ↑ 遣り方を設置し、貫(水平に取付けられた板材)に
             寸法を出しています
 基礎は角の部分で直角(90度)になっていなければいけません
そのためにトランシットという器械を用いて、直角を出します

           ↑ トランシットと呼ばれている器械
 そして大事なことは、対角線を見ることです
小学校の時に習った三角形の対角線が同じ長さであれば、4隅の角は
全て直角になります

          ↑ 対角線を見ています
 対角線の出し方は、三角形の底辺の2乗と垂直線の2乗を加えて
√すれば出ます(もちろん電卓で計算していますが!)
 この日も2つの対角線はぴったりと合いました 誤差無しです
ちなみに誤差は±3mmが許容範囲です
次は砕石引きです
では

同じキーワード(長期優良住宅,住まいの知識,国産材,メンテナンス,耐久性)の記事