カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

基礎工事ー砕石

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは、全棟を長期優良住宅で創りあげています

 遣り方の設置が終わると、次は砕石工事です
 砕石は大きな石が砕かれた2~4cm位の小石と細かい砂利が混合されたもので
掘削工事完了後、基礎内部に7~15センチ位砕石を敷き込み、
基礎が沈まないよう十分にプレート及びランマーで転圧を行い、
住宅基礎に必要な地耐力を出します
 元々の地盤の地耐力が、ある・なしに関係なく必ず敷きこむ事になっています

          ↑ プレートと呼ばれる機械で、砕石を転圧します

          ↑ しっかりと厚みが確保されているか、写真に記録します

          ↑ 2層目の転圧

          ↑ 2層目も写真に記録します
 次に地中からの湿気を防ぐための措置として、防湿フィルムを敷き詰めます
防湿フィルムの目的は、床下を乾燥状態に置くためです
 
          ↑ 砕石の上に敷き詰められた防湿フィルム
            所々色違いが見えるのは、防湿フィルムの下の土から
            湿気が出ているためです

          ↑ 外周部は「捨てコンクリート」を打設し
            湿気を遮断します
 
 捨てコンクリートは他にも目的があります
基礎の基準となる外周部の型枠を建て込むための
基準の墨を出す目的があります

          ↑ 捨てコンクリートの上にトランシットをセットした所
 次は基礎の鉄筋工事です

同じキーワード(長期優良住宅,メンテナンス,耐久性)の記事