カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

布基礎コンクリート

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは、全棟を長期優良住宅で創りあげています

 耐圧盤の次はヒノキの土台が載る、布基礎コンクリートを打ちます
型枠を立て込みアンカーボルトをセットします


         ↑ セットされたアンカーボルト

         ↑ 型枠内にある切りクズなどのゴミを掃除機で撤去

         ↑ アンカーボルトを写真に記録します

         ↑ スリーブのセット
 カナデホームでは、耐圧盤の下に水道等の配管をしていません
水道の配管等は布基礎の部分で処理しています
耐圧盤コンクリートの下に埋設して配管すると、将来予想されるメンテナンスに
容易に対応する事が出来ません
 この仕様は「長期優良住宅」の仕様基準ですが
カナデホームでは「長期優良住宅」に限らず、標準で採用しています

         ↑ 布基礎コンクリートの打ち込み状況

         ↑ 打ち終わった箇所から、ハケで型枠に付いた
           コンクリートのノロをふき取ります
 
         ↑ コンクリートの固まり具合を見ながら、天端に
           レベラーを流します

         ↑ 布基礎の段階でも、テストピースを採取します

         ↑ 試験体と一緒に黒板を入れて写真に記録
           すみません!!寝ているのではありません
           偶然目をつぶってしまいました

        ↑ 打ち終わった布基礎コンクリート
          表面に布をかぶせて養生をし、しばらくこのままの状態で
          置きます
では

同じキーワード(長期優良住宅,住まいの知識,国産材,耐久性)の記事