カナデホーム

電話をかける

省エネ 

 省エネ

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 先日アルミサッシ大手の
「YKKAP」さんの品川ショールームへ行ってきました
 国の省エネ義務化は2020年にほぼ間違いなく決定されます
カナデホームの仕様は、長期優良住宅が基本仕様となっています
耐震性能、維持管理など各種の基準が定められていますが
その中に 「省エネルギー対策等級」という項目があります
 おうちの燃費を示す基準ですが
「必要な断熱性能を有することと」いう規定があり、基準は
省エネルギー対策等級4=次世代省エネルギー基準
以上を確保することが義務付けられます
 1月にお引渡ししたお家は
今年の異常な寒波が到来している月でしたが
無暖房の状態で平均9~10度
(北側1階の下駄箱という、最も条件の悪い箇所での計測で)
お客様が入居されると、冷蔵庫の電源やテレビの主電源
人間が発する水蒸気などの影響で2~3度ほどあがります
 つまり無暖房で12度くらいになります

        ↑ 1月にお引渡しをした H様邸
リビングにある200Vのエアコン1台で、夏冬共に
快適な室内環境をもたらします
 家計にも優しい省エネルギー住宅

カナデホームのお家の合言葉は
「燃費がよく 災害に強いお家づくり」


         ↑ YKKAPショールーム
           アルミと樹脂の複合サッシ

         ↑ KOW-E複層ガラスと複層ガラスの違い
         ↑ LOW-E複層ガラスのラインアップ
 窓の断熱性能は、省エネルギー住宅にとって
重要な要素の一つです

同じキーワード(省エネ )の記事