カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

現在新築物件3棟 元気に進行中は、全て「長期優良住宅」です

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
 
 カナデホームでは、現在3棟の新築物件が元気に進行中です
しかも、3棟全てが「長期優良住宅」でのお家づくりです
 その他、耐震改修工事も2件行っています
その内の1件、K様邸は、≒60坪の築37年のお家を大規模にリフォーム
冬の寒さと夏の暑さを改善しかつ、省エネ仕様のお家にチェンジライフ
 耐震工事は足固めを兼ねて、基礎もしっかりと補強(無筋コンクリートのお家でした)
解体した後の2階の床組みや、
1階下屋の小屋組みも補強計画をしっかり立てました
 大規模なリフォームも残すところ、あと1週間でお引渡しです
   「K様邸の工事の様子」

        ↓ 無筋コンクリート基礎の補強


        ↓ 出来上がった、基礎補強コンクリート


        ↓ LDK上部の下屋の部分を鉄骨で補強しています
         2階部分を受けた大きな梁を、はずれないように補強  

        ↓ 大きな梁に90度の方向から梁が架かっていましたが
         その下には、柱が有りません
         梁がおおきすぎて加重が想像以上に大きいため
         鉄骨の柱を採用しました 

        ↓ 職人さん総出での補強工事

        ↓ 断熱改修


 東日本大震災以降、高まる省エネと耐震制は現実のものとなってきました
長期優良住宅には、これらの問題点を踏まえたお家づくりが備わっています
 ー耐震等級ー
耐震等級は1~3まで有ります
長期優良住宅の規程は、耐震等級2以上を求められます
 通常日本国内で建てている新築物件(木造の場合)
概ね80%以上は耐震等級1で建てられています
 カナデホームの標準仕様は、最高ランクの「耐震等級3」
 お客様のお家を、倒壊の危険性から守ります
耐震等級とは  こちら
 カナデホーム平成22年に建てた、
↓長期優良住宅「O様邸」での動的耐震診断の結果です↓
動的耐震診断の結果  こちら
 ー省エネー
省エネルギー対策等級4
長期優良住宅の規程は、省エネルギー対策等級4以上を求められます
カナデホームの標準仕様は、セルロースファイバーを施工した
省エネルギー対策等級4が標準仕様
 昨年末にお引渡しした「I様邸」に6ヶ月点検に行って来ました
I様邸は、縦に細長く述べ床面積が≒50坪あります

I様からのお話し
「冬は1階リビングの吹抜けにあるエアコン1台で、暖房熱が2階まで
 いきわたり暖かい冬を過ごすことが出来ました
 夜はエアコンを停止し、朝の目覚めの時は、寒く有りません
 夏は今年の猛暑でしたが、1階リビングと2階リビングのエアコンで
 家中ひんやりして快適
 一度エアコンが利くと、設定温度は28度のまま微冷房状態で
 快適に過ごすことができます
 エアコンは止まっているかのようです」
 カナデホームの標準仕様は「長期優良住宅」が基本仕様です
太陽光発電と組み合わせれば
ゼロエネ住宅が可能です

 新築物件3棟は、見学会を予定しています
長泉町S様邸 36坪2階建て

沼津市U様邸 34坪2階建て


        ↓ 構造見学会では、カナデホーム自慢の骨太構造が見られます

沼津市K様邸 30坪平屋建て

同じキーワード(パッシブデザイン,長期優良住宅,住まいの知識,国産材,省エネ ,自然素材,耐久性)の記事