カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

 静岡木造塾  最終回

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 先週の土曜日、静岡市で「静岡木造塾 第6回 最終回」に
家内と出席してきました
 途中2回ほど仕事で欠席しましたが、今回は最終回かつ
私が木構造を真剣に考えるきっかけとなった書物
「ヤマベの木構造」の著者でもある、山辺先生の講義があったからです

 講義の中では、耐力壁のバランス良い配置と
カナデホームがこだわっている偏心率の問題点を
阪神淡路大震災のスライドをもとに
説明して頂きました

 3月24日に予定している「K様邸完成見学会」は
地域型ブランド型住宅による補助金認定住宅です
カナデホームの木構造のこだわり
「偏心率0.05以下」の確保も、今回の地域ブランド型住宅の
構造規定にしっかりと謳ってあります
 先生に偏心率のことをお話した際には、
大変重要な事だとおしゃって頂き、カナデホームの構造の素晴らしさを
改めて認識しました
 また先生は地域材を活用した大スパンの小学校などの建設にも
最近携わる機会が多くなったようで
国産材と地産地消の理念を熱く語られていました
 カナデホームのお家の柱、土台は静岡県産材のヒノキが基本
しかも4寸角が標準
 講義後は近くのお店で親睦会を兼ねての会合に
出席させて頂きました
 日頃私が現場で疑問に思っていることや、実践していることを
先生に聞いて頂き、また貴重なアドバイスもいただきました
 工事管理写真帳のお話も先生に聞いて頂き
200ページ以上にもおよぶ工事管理写真帳の重要性をわかって頂き
お褒めの言葉も頂きました


     ↑左から先生、私、家内
 大変実りあるかつ、感動の一日でした
では

同じキーワード(長期優良住宅,住まいの知識,イベント)の記事