カナデホーム

電話をかける

長期優良住宅

 樹齢75年 ヒノキの7寸角  -木魂祭ー

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 -木魂祭(もっこんさい)-を
3月23日(土)に、朝霧高原の「ふもとっぱら」で行いました
この行事は、木材会社の社有林まで行く道路が災害で通行止めになり
しばらく中止でした
 今回場所を朝霧高原「ふもとっぱら」にもとめ
新たに開催させて頂く運びとなりました
 当日はK様邸の3世代のご家族7人と当社の協力業者さん4名の
計13名での式典です
 まず現地の森林に足を運び、木の選定をします
      ↓ 現地までみんなで移動
 
 伐採予定の木がある敷地内で、木材供給会社の景山木材の景山社長より
この森林のご説明を頂きました ↓

 ここふもとっぱらの森林の木は
樹齢60年以上の杉、桧で構成されています
 林業家竹原さん所有の森林ですが、竹原家は江戸時代から続く由緒ある家柄
江戸時代から長きにわたってこの地で林業を行ってきました
 今回の木は戦後植林された木が、60年以上の年月を経て
手入れもきちんとされてきた森林の中の1本です
お家の骨組みである「大黒柱」として新たな生命を授かる
-木魂祭(もっこんさい)- と言う行事です
 景山社長のお話を聞き、まずは家族の皆さんで木を選びます
もちろん、専門家からのアドバイスもあります
 まっすぐと伸びた、目の詰まった木を選ぶのですから
素人にはちょっと難しい面もあります
      ↓ みんなで木を選んでいます

 伐採する木が決まったところで、木に敬意を払い
お清めをします ↓


 
 次にふもとっぱらの社員の方に木を切って頂きます ↓

      ↓ くさびをいれているところ

 倒れる直前まで準備して頂き、テコの原理を利用した
赤い色の柄の長い道具で家族の方に倒して頂きます ↓


      ↑ 木に粘りがあり、なかなか倒れません




 メキメキと大きな音をたてて、やっとの事倒れました


      ↑ 根元の一部を切断し、新しいお家で腰かけに使うことになりました
 樹齢75年のすばらしいヒノキの木でした



同じキーワード(長期優良住宅,国産材,自然素材,イベント,耐久性)の記事