カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

  採光計画

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
 
 先日お引渡しをした「K様邸」では
平屋建て特有の、日差しの問題をかなりシビアに考えました
 平屋建ての場合、平面的に大きく奥行があるため、南側などの開口部から
得られる日差しには限度があります
 トップライトの配置をするうえで、特に明るさが必要な空間を2つに絞りました
何個も数多くつければ良いというわけではありません
 適材適所と効率の重視
 設置したのは玄関ホールと廊下の角
      
     ↓玄関のトップライト アクリル板は照明が入っているかのように↓
      見えます

     ↓玄関ホールとそれに続く廊下↓
      写真右奥に見えるのは廊下奥のトップライト

     ↑撮影時は3月中旬の10時ごろです↑
天気は晴のち曇、快晴ではありませんが、十分な明るさがあります

      ↑雨の日の採光 雨の日でも明るさが確保できます↑

      ↑玄関の引き戸を開けると・・・ 雨の日ですがさらに
       明るい光が差し込みます↑
 
      ↓廊下奥のトップライトを真下から見たところ↓

      ↓廊下奥のトップライトをトイレ(北側)の前から見たところ↓
       左奥に見えるのは21畳のLDKの日差し

      ↓同じくトイレの前から見たところ 雨の日です↓

 工事の過程でも、結露対策や温度上昇の問題をしっかりと考え
問題が発生ししないように十分な検討をしました
      
      ↓廊下奥のトップライト↓
       セルロースファイバーでしっかりと断熱
       熱と湿気対策を施しました 

 
 
      ↓木工事で仕上がった廊下奥のトップライト↓

      ↓ホタテペイントで仕上がったトップライト↓
       まだこの段階ではアクリル板は設置していません

 トップライトのガラスまで距離が長く圧迫感があると感じ
また柔らかい明りを演出するために、その後
アクリル板を取り付けました↓

 
 洗面室にもこんな工夫を!!!!
洗面室は西側に面していて、3階建てのマンションが建っています
マンションのおかげで、夏の西日対策は結構ありがたいことですが
通常の窓だけではちょっと暗いかもと感じ
天井いっぱいに窓を2か所取付
 洗面室特有の湿気の排出にも考慮し、チェーン操作で開閉する
機能の窓にしました↓

 ↑窓上部の天井付近が、外からの天空光を反射して
洗面室の奥まで明るい反射光を届けています
撮影時刻は午前10時ころ 天気は晴れのち曇り
太陽の方向は東寄り 
西側にマンションがあり、直接光が入らなくても
天空光が窓から差し込み洗面室の天井を明るくし
部屋全体を明るくします
 曇の日でも効果は抜群
 大事なことです 

同じキーワード(パッシブデザイン,パッシブZEH(ゼッチ),長期優良住宅,省エネ ,自然素材)の記事