カナデホーム

電話をかける

リノベーション

 築80年のI様邸は、自然素材満載

こんにちはカナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
 

7月初旬から工事をしていた、富士市のI様邸は内部も完成し
お引き渡しを待つばかりとなりました
以前ブログで工事の様子をお伝えしました
タイトルは
「手刻み」 と 「天窓」
      ↓ 改修前の室内

 お客様のヒアリングの結果、問題点として下記の3点が浮かび上がりました
1)室内が暗い
2)冬寒い
3)家事動線の改善
 ー室内が暗いー
 当初I様は、トップライトのご提案に難色を示されていました
夏暑く、冬寒いのではないかという心配をされていました
 夏の日差し対策は、遮光カーテンと、開閉装備によって解決
天井にこもった熱を開閉して排出、尚且つカーテンで直射日光をふせぎます
冬の寒さ対策は日中日差しをフルに取り入れて、室内を暖め
日が落ちたらカーテンで温まった室内の熱が逃げないようにします
 もちろん遮熱断熱ペアガラス装備ですが、それだけでは物足りないので
電動カーテンをオプションで追加
 断熱材には壁体内の水蒸気を効率よく排出する「パーフェクトバリア断熱材」
夏は屋根からの熱の伝達を防ぎ、冬の断熱対策もしっかり施す
もちろん水蒸気の排出にも効果があります
      ↓ 開閉式のトップライト 雨天時はセンサーが働き自動で閉まります

      ↓ 昼間は照明いらずになりました
 
ー冬寒いー
 築80年のI様邸の室内の壁の仕上げは「土壁」
土壁の持つ室内環境「調湿性能」は、改修にあたって失いたくありません
 そこで私は調湿性能のある断熱材「パーフェクトバリア」を
改修工事の際にご提案しています
      ↓ 壁と天井内に施した断熱材「パーフェクトバリア」



      ↓ 床にもパーフェクトバリアを施します

 つまり、土壁の持つ「調湿性能」と同じ環境を、床壁天井の6面体に施し
魔法瓶のような構造にしました
 しかも水蒸気を壁の中にこもらせないようにしています
壁の仕上げは、北海道産のホタテペイント
天井はホタテペンイントと天竜杉のコラボ
床は30mmもある厚い相生杉
 自然素材満載
室内はいち早く、8月中旬より使用開始
I様のご家族みんな、靴下を脱ぎ、はだしで歩いています
 快適さの証拠を実証することができて、何よりです
ー家事動線の改善ー
 家事の動線の不具合は、主婦にとっては悩みの種
従来型の壁付キッチンから、アイランド型キッチンに改修
台所に立ち、テレビを見ながら、また奥の部屋の気配を感じながら
短い動線で効率よく家事を行う
 たっぷりの収納は大家族の急な催しにも大活躍
キッチンのコンロ前はガラス張りにして、視界を広げました
      ↓ キッチンコンロ前の耐熱ガラス

      ↓ キッチンの前から、廊下と居室の気配を感じ取ることができる
        杉材の引き戸 ポリカーボーネードで軽さも考慮しました
収まりはすっきりさを強調 明るさを確保しました

      ↓ 廊下側から見たところ
        開け閉めの際にはブレーキ機能付きの安心設計

 カナデホームでは、ご提案の一環として
パースでのプレゼンを行っています
お客様にとって、図面と見積もりだけでは
どんな空間になるのか不安になってしまいます
 そんな不安のお手伝いができればとの想いからです
      ↓ 今回の、プレゼンパースです


 完成しました
      ↓ 床と天井は杉材、壁はホタテペイント
       床の木目と、白で統一された空間は
       「シンプルイズベスト」

      ↓ 天井の地松は、オスモの自然素材塗料、マホガニー色で着色

      ↓ 無垢のカウンターは国産材の地桜をチョイス

  ↓ご提案させて頂いた国産地桜の、カウンター材の採寸の様子↓



      ↓ こちらは2期工事で施工した、洗面室も完成
        床は「ヒバのなぐり仕上げ」
       I様曰く、足裏に心地よい足触りがあるそうです
       左側に見える収納は、メラミン材のマホガニーで仕上げました

      ↓ 洗面カウンターは、ケヤキの1枚板を加工して造りました   
        ケヤキ板は支給品です

同じキーワード(リノベーション,国産材,自然素材,リフォーム)の記事