カナデホーム

電話をかける

パッシブデザイン

Y様邸の室内は、パッシブデザインで暖房いらず

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 来年の1月18日(土)と19日(日)に完成見学会を予定しているY様邸
現在内装工事を行っています
 長期優良住宅認定住宅
Q値1.9 耐震等級3 偏心率0.05以下 制震装置搭載
自然素材満載のお家は、床に30mmの相生杉
 壁と天井は北海道産のホタテペイント仕上げ
 南面に面した敷地は、パッシブデザインの恩恵にあずかり
日中天気の良い晴天時は、暖房いらずの快適な環境です
   
   ↓晴天の日12時ころの1階LDKの日差し
    リビングの奥深くまで日差しが届いています

   ↓プランニングの段階で、日照のシュミレーションをしました
    西側と南西の土地は計画時に空地でしたが、将来のことを考え
    仮想の建物を配置して計画しました
   ↓冬至の12時の日照です(緯度経度も考慮しました)

   ↓明るいLDK 「国産クルミ材」で仕上げたダイニングのベンチ
    ー国産ケヤキ材の食卓テーブルを配置予定ですー

 室内は、壁天井のホタテペイントの下地材である天然パルプ材壁紙
ルナファーザーを張っています


 
 現場の職人さん曰く、
「日中天気がいいと室内がすごく暖かいです
断熱材が高断熱なのかな??!!」
 パッシブデザイン、高断熱、しかも高気密でも息苦しくない
石油系断熱材では得られない、快適な室内環境を、見学会の時
実感してください

同じキーワード(パッシブデザイン,パッシブZEH(ゼッチ),長期優良住宅,省エネ ,自然素材,耐久性)の記事