カナデホーム

電話をかける

メンテナンス

 祖父が建てた、築55年の家 ②

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています  

 前回の続きのお話しです
この家は昭和34年9月3日に完了検査を受けています
昭和34年は、私が生まれる3年前です
 今まで築年数のたった家の改修や建て替のお手伝いをさせて頂きましたが
これだけ当時の記録が残っている家も珍しいものです
 当時の建築費の記録や(びっくりするくらいの金額!!後日お話しします)
図面など豊富なデータは貴重なお宝です
 まずは確認申請と呼ばれる、家を建てるための申請の書式
「上記のとおり条件を付し、設計を合格と認める」
昭和34年6月11日
静岡県沼津土木事務所
技術吏員 〇〇〇〇  との記載が有ります

 設計の審査は5月22日に沼津市役所建築課の受付印が有ります
でもよく見ると5月20日に融資先の金融機関静岡相互銀行が一番早く
次に沼津市役所建築課5月22日、その先5月28日沼津土木事務所を経て
6月11日に沼津土木事務所にて設計審査合格
つまり確認申請が下りたということになります
この日を持って工事の着工です


 6月11日に許可が下りて、9月3日に工事完了検査を受けています
工期は3か月足らずです
 施主様のS様曰く、建具の水平垂直などの狂いはほとんどなく
建設当時の造作家具、建具を一度も交換せずに当時のままご利用いただいています
 屋根瓦は前回のブログでご紹介したとおり、驚くほどの耐久性を実証しています
なぜ!?!?!?
この続きは次回に
では

同じキーワード(メンテナンス,リフォーム,耐久性)の記事