カナデホーム

電話をかける

プライベート

身近に感じる自然

 こんにちは カナデホームの浅田佳宏です 
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

 昨日はお盆休み終了2日前
世間は帰省のUターンラッシュの日です
 今年は、息子の行事や、娘が太鼓部の合宿等が有り
夏の行楽地めぐりは無しです
1か月半ぶりに香貫山にウォーキングに行きました
 以前紹介しましたが、ちょっと詳しく道のりをご紹介します

 ピンク色のマーキング線が、ウォーキングのコースです
≒1時間半の道のり
 自宅をでて、ポテトの交差点を渡り、三島信用金庫の前を右折
せせらぎ公園の前を通り、沼校前の大通りを歩きます


   ↑歩き出して、数分の場所 市営の保育園の駐車場
   駐車スペースのブロックの間から、芝生が見えています
   目的は、ヒートアイランド対策と保水の確保です
   これだけ大きな駐車場全面を、コンクリートで全て覆ってしまうと
   夏場太陽光に照らされたコンクリートは熱を蓄熱
   夜間にその熱を放熱します
   これがヒートアイランド現象の一つ
   芝生の部分の下は土
   またブロックは保水性のある材料でできており、蓄熱を和らげます
   効果絶大の保水性ブロックと芝生
  
   カナデホームでは、家づくりで外構工事を頼まれるケースが多いです
   その再駐車場でコンクリートを打つこともありますが
   家の周りは赤い「スコリヤ」をお勧めしています
   目的はスコリヤの持つ無数の穴です
   太陽光を吸収しても無数の小さな穴が素早く熱を放出
   ジメジメした土地にありがちな、湿気を素早く排出
   シロアリを寄せ付けない、効果もあります
   ↓ スコリヤの施工例



 沼工の前を過ぎて、洋菓子で有名なペルルさんの処からが
香貫山の入口です
しばらく歩きはじめると、ゴルフの打ちっぱなしの処で
車は通行止め

少し行くと2回目の通行止め 私が車の免許を取得したころは
頂上まで通行が可能でした と言っても30年以上前の話し

   ↓途中から見える景色 ゴルフの打ちっぱなし場

   ↓表土がもろく、土砂が落石しやすい山です

   ↓頂上にたどり着く途中で、静浦方面の景色が見えます
     眺望 静浦

   ↓頂上までの道すがらはこんな感じです

  
   ↓あと20mで頂上

   ↓着きました 頂上にある沼津アルプスの案内看板 


ここまで≒43分の道のり
 ほとんど休むことなく復路!? 下りです
   ↓誰かが造った現代版の道祖神?

   ↓天気良いと、駿河湾と富士山が見えます(午後は富士山はあまり見えません)
    眺望 駿河湾、富士山

   ↓下りの途中に休憩所と五重塔

   ↓休憩所から見る 母校第4小学校とあゆみ橋
    眺望 4小、あゆみ橋


   ↓8月15日は終戦記念日 ここには日清、日露戦争から第二次大戦及び   
    沼津市出身の災害の被害者3166柱が祭られています


   ↓香貫山の登山口


   ↓ 母校 沼津市立第四中学校の前を通り、家路につきます

 私がこのコースを気に入っているのは
身近にある自然を満喫できる
母校を懐かしめる
気が付いた時にさっと身支度して出かけられる
コースと時間が決まっていて気軽
では

同じキーワード(プライベート)の記事