カナデホーム

電話をかける

耐震工事

 限界耐力計算

こんにちは カナデホーム の家守(家を守る)の浅田佳宏です。
 今日は「限界耐力計算」の専門会社
「アンデン東京」の遠藤さんに仕口ダンパーを見せて頂きながら
新しい耐震補強工事の有り方を聞きました
「アンデン東京」 さんのホームページは こちら
 一般に個人住宅の耐震補強工事は壁量計算をベースとした
考え方の上に成り立っています
基礎コンクリートを補強又は増し打ちして、筋違や合板で体力を維持し
地震対策を施す考え方です
 しかし神社仏閣や築年数100年以上の古い古民家などは
基礎コンクリートがなく、石の上に建物がそのまま乗ったりしています
また基礎が有っても無筋であったり、問題点はさまざま↓

  ↑上記はアンデン東京さんの施工実例からの画像です
 じゃあ壊して新築しかないのか!?
古い伝統的な建物や、ダイナミックな奥ゆかしい大きな梁の袈構は時代を感じさせる
由緒ある趣を住空間に演出します
 そんな建物の良さを活かしつつ、趣を残し、古民家などを再生する考え方の
延長にある耐震補強方法が 「限界耐力計算」という手法です
 以前からありましたが、ここ2~3年の間に目まぐるしく普及
アンデン東京さんでは、「限界耐力計算」+「仕口ダンパー」と言う補強方法を考案し
数々の実績を創っています
   ↓実際持参して頂いた、仕口ダンパーの実物です


 
「仕口ダンパーとは」  こちら

 「築年数の古い家を趣を残しながら改修
  古民家の改修」
もちろん省エネ断熱改修も併せて行う
国の施策である補助金を有効活用する
カナデホームにお問合せ下さい
「お問い合わせメール窓口」は こちら

同じキーワード(耐震工事)の記事