カナデホーム

電話をかける

国産材

 森のまるごと1日体験  4月25日

こんにちはカナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
 
 

先週の土曜日
富士市大渕にある、影山木材さんの大渕工場とその周辺の森で
1日体験をしてきました
 お問い合わせを頂いたS様ご家族  総勢35名
当日は天候もすこぶる良く、春を感じる気持ちの良い1日でした

 影山木材さん所有の森の中に入り、伐採体験です
影山社長からヒノキの木の成り立ちと、なぜ間伐が必要なのかを詳しくお聞きしました


   ↓間伐された空間 間伐しないと木にとって重要な光が入って来ません
    太陽の光は木にとって光合成の元となります
    木は光合成を進めながら、二酸化炭素を木の中に蓄えてくれるから
    地球温暖化に貢献しているんです

 次は伐採体験
影山社長自ら切ってくれます
チェーンソウが唸りを上げて木を切断していきます

    ↓チョット  あれ!? 途中で止まってしまい・・・・

    ↓ヒノキのきはじっと我慢・・・・ 
     60年もの間ここでじっくりと育ってきたのです
     そして自らの役目を悟ったのか・・・・・
     勢いよく  ドスンと大きな地響きをたてて倒れました

 みんな一目散にヒノキの木に駆け寄ります
 何歳かな
男の子が年輪を丹念に数えました




 67歳の国産ヒノキでした
 チェーンソウ体験や、丸太の一部を切り落として何グラムか当てる伐採クイズ
製材体験、ヒノキチップの山からの滑り台




 童心にかえることができるのは
最も贅沢な時間ではないかとつくづく感じました
パートナー企業である影山木材さん
楽しい一日をありがとう・・・・・・・・

同じキーワード(国産材)の記事