カナデホーム

電話をかける

雨漏り

雨漏り修繕工事 沼津市_物件Y様

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています
実践している家づくりは
「次の世代まで 快適に過ごせる家」

 

パートナー企業さんのご紹介で、昨年実地した雨漏り修繕工事です

4階建ての鉄骨造 築≒10年

室内の洋室の床部分に発生する雨漏りです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

色々と仮説は立てますが、仮設通り発見できることは少ないです

立てた仮設 ↓

 

 

第1回調査

2021年5月28日

初日、異常なし

壁に点検口を取付ました

 

 

第2回調査

2021年5月31日

少し雨漏りの症状が出ましたが

ヒアリングでは「風を伴う大雨の日に床面が濡れる」との事でしたので

別の方法を考えます

「じわり」と言う感じです ↓

 

散水では水圧が弱いので、水張をして圧を大きく架けます

明確な症状がでました

 

調査報告及び所見です ↓

 

雨漏り調査において最も難解かつ考慮しなければいけない事は

「ここだろう」という安易な思考ではなく

雨漏りの現象を忠実に「再現」することにあります

「再現」という作業が最も難しい点です

奥が深い雨漏り

カナデホーム_㈱浅田建設にご依頼される雨漏り修繕は

「他社に依頼したが止まらない」

「大手建設会社の施工物件」

「数年前に雨漏り修繕をしたが、再び雨漏りが発生」

「依頼先が無くなってしまった」

このような案件がほとんどです

ご再考あれ・・・・

 

 

カナデホームのこだわりものぞいてみて下さい

「アーカイブ 夏の暑さ対策と冬の寒さ対策 パッシブデザインの肝 家は断熱性能で創り上げる」  こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

動的耐震診断の結果  こちら

「 標準仕様(STANDARD PLAN) 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

同じキーワード(雨漏り)の記事