カナデホーム

電話をかける

アフターメンテナンス

温熱教室2016_長期優良住宅の標準化は必須

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています

今日は浜松に来ています

カナデホームの家づくりは、HEAT20という機関のグレードで
G2グレード
G2は室温がおおむね13℃を下回らない_という基準です

昨年お引き渡しをさせて頂いた、長泉町U様邸でこの基準をクリアしています
かなりレベルの高いグレードです

本日の講師は岐阜森林アカデミーの辻教授の講義です
全6回の講義

本日の参考物件でもおおむね10℃を下回らない(G1グレード)という基準の
物件をスライドで紹介いただきました

カナデホームは、2020年省エネ義務化を2012年より先取り
長期優良住宅も2012年から標準化して創りあげています

今日の講義でも、長期優良住宅の標準化は叫ばれていました

技術の研鑽は必要不可欠です

省エネ基準のさらなる高みを目指して、いままで創り上げた家の技術の
復習をかね、初心に帰って再び学んでいる次第であります

同じキーワード(アフターメンテナンス,パッシブZEH(ゼッチ),ゼロエネ住宅=ZEH,リノベーション,長期優良住宅,セミナー,耐久性)の記事