カナデホーム

電話をかける

つくり手と住まい手から考える、住宅性能のものさし

浴室 ハーフユニットバス 木の香り

こんにちは カナデホームの浅田佳宏です
実践している家づくりは
「次の世代まで 快適に過ごせる家」

 

以前伊豆市で大規模リノベーション工事を行った際に

浴室もリニューアルしました

お施主さんが以前、カナデホーム_㈱浅田建設のホームページを見ており

木の香りする浴室をみて、入浴してみたいとの申し出があり

施工しました

カナデホーム_㈱浅田建設が、TOTOさんのハーフユニットバスで、壁天井を国産材で仕上げるのは

これで3件目

見た目は上品ですが、目に見えない箇所は入念な作業がたくさんあります

仕上げの木は、能登ヒバです

この木の香りするヒバを張る前に入念な防水工事があります

 

結構神経を使う工事です

細かい監理が必要です

職人さん任せにはできません

外壁面の天井の高いところに横滑りの窓を設置しました

自然換気を促すために

また窓面のプライバシーを考慮して、外付けのルーバーも設置

可動式です

 

 

 

1点ご報告があります

天然無垢の能登ヒバ

メンテナンスが必要です

概ね10年~15年で再塗装が発生します

塗料は亜麻仁油系の植物系塗料オスモです

 

では

 

 

カナデホームのこだわりものぞいてみて下さい

「アーカイブ 夏の暑さ対策と冬の寒さ対策 パッシブデザインの肝 家は断熱性能で創り上げる」  こちら

「 カナデホームの標準仕様 長期優良住宅」とは こちら

動的耐震診断の結果  こちら

「 標準仕様(STANDARD PLAN) 」は こちら

「パッシブ冷暖🄬」は こちら

 

同じキーワード(つくり手と住まい手から考える、住宅性能のものさし,リノベーション,国産材,自然素材,リフォーム)の記事