カナデホーム

電話をかける

省エネ 

温熱教室2016in浜松 伝統工法_日本の左官の魅力

こんにちは カナデホーム の浅田佳宏です カナデホームは全棟を長期優良住宅で創りあげています(2012年現在の実績)  こちら
 先日の土曜日「温熱教室2016in浜松」に行ってきました
今回は2回目です
躯体性能をデザインする①_断熱編です
 断熱工事が施された(新築、改修共に)室内は省エネだけではなく
健康にも大きなメリットがある事が解ってきました
講義では、人の健康を維持するのに最低必要な室温レベルを10℃以上と考えます
数々の住宅の健康調査を、断熱レベルで行ってきた結果では
気管支系の傷病の多くの原因、特に肺炎は寒い家で冷たい空気を吸い込むことが
大きな原因です
 断熱がきちんと施された家では、肺炎にかかる割合が大きく減少することが
調査結果から明らかになりました
その他アトピー性皮膚炎や気管支喘息にも大きな効果が有ります
 また断熱工事を施しつつ、着衣量の工夫も経済的なメリットがある方法です
ユニクロに代表されるヒートテックや、便利なダウン系の着衣を1枚羽織るだけで
過度な設備運転を減らすことが可能です
(注意:上記の基準はカナデホームの場合、HEAT20が提唱するG1グレード以上の
断熱ランクを施した家の場合です。ご了承ください)
 まったく設備に頼らないのではなく、ちょっとの工夫で快適なライフスタイルが生まれます
省エネ機器に全面的に頼るのではなく、
少しだけ使う工夫の知識を、工務店はしっかりと住まい人に伝えなくてはいけません
私は全国規模のおおきな省エネ団体 「Forward to 1985 eneegy life」に所属しています
この団体の大きな大会が、7月5日、静岡のグランシップであります
今日は、この案内をさせて頂くために、母校沼津工業高校のOB団体「八重会」のメンバーさんに
お願いをしてきました(私は今年この団体の実行委員に任命されました)


 そこでこんな素晴らしいアートの作品に出合いました
村林建塗工業_伊藤工事部長さんの作品です
猫ちゃん モルタルで出来上がっています

 日本古来から伝承される左官の技術を生かした現代版アート
ほかにも聚楽壁の市松模様もありましたが、本人が遠慮して今回は見れませんでした
次回は見せて見せてもらおうと思っています(伊藤さんよろしくです!!)
 土塗り壁の、中塗りの試作品

 
素晴らしいでしょ! 日本の左官技術 大事にしなければいけません
追伸
私が学んでいる「温熱教室2016in浜松」が、NHKのドキュメント番組「サキどり」で放送されます
日時は、6/5(日) 8:25~8:57 です
題名 「暮らしが変わる!?省エネ住宅最前線」 
ゲストは温熱教室2016in浜松の講師であられる、岐阜県立森林文化アカデミー准教授の
辻先生です
是非見てください
(受講風景の収録を受けましたが、私が画面に映る保証はありません あしからず・・・・)

では

同じキーワード(省エネ ,自然素材,耐久性)の記事